イタリアの2大巨頭がモナコのポルトガル代表MF2選手に熱視線

『A BOLA』

ポルトガル代表MFのジョアン・モウティーニョとベルナルド・シウバの2選手に、モナコを退団する可能性が浮上している。どうやら、イタリアのメガクラブが両選手に注目しているようだ。

『Calciomercatoweb』によると、ユベントスとインテルが両選手の獲得を狙ってるという。

ユベントスはポルトガル代表とモナコで中盤のタクトを振るうジョアン・モウティーニョに対し、2000万ユーロを用意。前回の移籍市場でゼニトやアーセナルへの移籍、そして古巣ポルトへの復帰が噂されたが実現しなかった同選手の獲得に対し、モナコ側を納得させられる金額である踏んでいるという。選手自身も、「モナコでは夢であるCL優勝は難しい」と語っており、新天地を求める可能性が高い。

また、インテルのロベルト・マンチーニ監督が攻撃的MFの補強を模索しており、ベルナルド・シウバが3名の獲得候補に名を連ねている。インテルは、ラツィオのカンドレーバ、ナポリのメルテンスらとともに、ベルナルドを調査しているようだ。争点となるのは、ベルナルドに設定されている高額な違約金であろう。モナコはポルトガル代表の将来を担うと嘱望されている若手選手に対し、最低3000万ユーロの移籍金を求めている。対して、マンチーニ監督の意志も強く、クラブ会長を説得し、資金の確保を試みるとも予想されている。

ジョアン・モウティーニョとベルナルド・シウバは、ともにポルトガル代表とモナコを支える中心選手である。そのため、レオナルド・ジャルディン監督も両選手を簡単に手放すとは考えにくい。フランスでの経験は、前者は3年目、後者は2年目を迎えており、リーグへの適応も十分に済ませている。

富豪クラブ、モナコの看板選手となった両名。その行き先はイタリアの強豪クラブとなるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-