アトレティコ、負傷で長期離脱のティアゴの代役に同じくポルトガル代表MFを狙う

『A BOLA』

アトレティコ・マドリードに所属するポルトガル人MFティアゴが負傷により4ヶ月の戦線離脱を強いられた。アトレティコは、主軸選手の長期離脱により、冬の移籍市場での中盤の補強を画策している。

『Marca』によると、アトレティコはティアゴの代役として、モナコの2選手に注目しているという。トゥラランと、ティアゴと代表チームで同僚であるジョアン・モウティーニョである。

シメオネ監督は「彼に匹敵する他の選手を獲得するのは困難だ」と、チームの中心選手の離脱を嘆いた。モウティーニョは、同郷のティアゴと類似した特徴を持つ選手ではあるが、シメオネ監督のもとで彼と同等のパフォーマンスを発揮できるかどうかは未知数だ。

ティアゴの負傷離脱は、アトレティコにとって想像以上に「高くついた」ようだ。

©FutePor -ふとぽる-