ユベントスが狙うモナコ10番の争奪戦にチェルシーとバルセロナが参戦

『A BOLA』

先日ユベントスからの関心が伝えられていたポルトガル代表の若手FWベルナルド・シウバを巡り、名門クラブが争奪戦を繰り広げている。新たな獲得候補クラブとして、チェルシーとバルセロナの名前が挙がった。

『Daily Mail』によると、21歳のレフティーに対し、チェルシーとバルセロナともに3000万ユーロの大金を準備しているという。これは、モナコが10番を背負う若きエースを手放すための最低額である。

ユベントスとチェルシーは特にベルナルドの獲得に熱心であり、冬の移籍市場で交渉を取り付けたいようだ。反対に、バルセロナは来季の新戦力の目玉選手として注目している。

この冬以降、移籍市場の主役となりそうなポルトガル代表FW。果たして10番の座を捨てて向かう次なるビッグクラブはどこになるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-