リバプールがポルトガル代表の若手LSBに興味。今冬の移籍市場で獲得を目指す

『O JOGO』

リバプールがポルトガル代表のLSBラファエル・ゲヘイロに関心を寄せている。チームのレギュラーLSBアルベルト・モレーノの競争相手として期待しているようだ。

『レキップ』によると、リバプールはフランスのロリアンに所属する22歳の若手ポルトガル人SBを獲得リストに掲載。クラブ上層部は今月、すなわちこの冬の移籍市場での獲得を狙っているという。

リバプールにとって、LSBのポジションはアキレス腱となっている。クロップの選択肢として有力なのはモレーノしかおらず、レギュラーを奪えないホセ・エンリケや、怪我で離脱しがちなフラナガン、負傷中のジョー・ゴメスなど、モレーノの控えや競争相手が不足している。

U-21代表でも活躍し、いよいよフル代表への定着が期待されるゲヘイロ。プレミアの強豪クラブへ、ステップアップとなるか。

©FutePor -ふとぽる-