マルコビッチが自身のベスト11を選定。ベンフィカやリバプール時代の同僚がメインに

『A BOLA』

リバプールからフェネルバフチェにレンタル移籍中のセルビア代表若手FWラザル・マルコビッチが、自らのベストイレブンを選定した。『Sky Sports』の企画で自身のドリームチームを選ぶこととなった同選手は、ベンフィカ時代の同僚5名を中心に、リバプールとフェネルバフチェで活躍する名プレーヤーを理想のイレブンに含めた。

ベンフィカ時代の同僚からは、オブラク、シケイラ、マティッチ、ルイゾン、ニコ・ガイタンを選び、ジェラードやファン・ペルシーらレジェンド選手も選定した。ただし、ファン・ペルシーの相方には、リバプールのスターリッジらを抑えてパルチザン時代の同僚ビキッチを選び、同メディアに「不思議なチョイス」であると伝えられた。

以下、マルコビッチが選ぶベストイレブン
(カッコ内のクラブは、前者が現在の所属チーム、後者がマルコビッチがともにプレーした当時のチーム)

GK
オブラク(アトレティコ・マドリード、ベンフィカ)
DF
グレン・ジョンソン(ストーク、リバプール)
シュクルテル(リバプール)
ルイゾン(ベンフィカ)
シケイラ(バレンシア、ベンフィカ)
MF
ジェラード(ロサンゼルス・ギャラクシー、リバプール)
マティッチ(チェルシー、ベンフィカ)
ニコ・ガイタン(ベンフィカ)
コウチーニョ(リバプール)
FW
ファン・ペルシー(フェネルバフチェ)
ズボニミール・ビキッチ(ズレニャニン、パルチザン)

©FutePor -ふとぽる-