世界No.4のSBに選ばれたポルトガル代表若手SBにユベントスが興味

『SAPO Desporto』

イタリアメディアによると、ユベントスがポルトのポルトガル代表SBリカルド・ペレイラに関心を寄せているようだ。

22歳の同選手は、今季末までフランスのニースへレンタル移籍中。ポルトガル代表にも選ばれる期待の若手を、ユベントスは獲得リストのトップに掲載している。

レンタル先のニースで大活躍を果たしているリカルド・ペレイラは先日、CIESによって、フィリペ・ルイス、フィリップ・ラーム、ダニ・アウベスに次ぐ世界No.4のSBに選出されていた。マルセロやジョルディ・アウバ、コラロフらを差し置き、22歳ながら高評価を獲得した。

ポルトでは、快速ウイングとしてプレーするも、激しいレギュラー争いに敗れ、フランスに成長の場を移したリカルド。ニースでは、ポルトで数度プレーしたサイドバックとして爆発的な成長を成し遂げた。今季移籍したアレックス・サンドロのように、リカルドもポルトからユベントスへのステップアップを果たすのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-