1000人が避難、マデイラ島の大火事を受け、クリスティアーノ・ロナウドが援助の意思を明かす

『O JOGO』

水曜日、ポルトガルのマデイラ島にて発生した大規模な山火事。すでに3名の死者を出し、1000人以上が避難。37の家屋が焼失するなど、大変な事態となっている。

この大惨事を受け、マデイラ島出身のクリスティアーノ・ロナウドが、経済的な支援の意思を明かしたようだ。すでに同選手はマデイラ島市長のミゲウ・アウブケルケ氏にコンタクトを取り、援助の意思を表明したという。

なお、悲惨的な大火事引き起こした容疑者として、23歳の青年が逮捕されている。

©FutePor -ふとぽる-