スタメン落ちが続くハメスを巡り、アーセナルとチェルシーが争奪戦か

『Record』

先日行われたレアル・マドリード対セルタの一戦が、ハメス・ロドリゲスにとってレアル出迎える最後の試合になるかもしれない。同選手には、移籍市場が閉幕を迎える水曜日までにレアルを退団する可能性が噂されている。

スタメン落ちが続く状況に不満を抱えるハメスは、セルタ戦でもベンチでこの試合を見守った。そんな同選手に対し、『El Bandido』によると、ロンドンの強豪アーセナルとチェルシーが、移籍市場閉幕までの獲得を狙っているようだ。

ただし、レアルはコロンビア代表FWを7500万ユーロ以下で売却することはない意向であり、2クラブにとっても容易く獲得できる金額ではない。果たして、ブラジルW杯で世界のトップスターの仲間入りを果たしたハメスは、ロンドンの新天地に向かうのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-