ビラス・ボアスのもとにまたも大物。上海上港がオスカルに続きリカルド・カルバーリョを獲得

『Record』

ポルトガル代表CBリカルド・カルバーリョが、中国の上海上港と1年の契約を結んだようだ。『Recoed』が報じた。

昨季末にモナコを退団して以来、無所属の状況が続いていたカルバーリョは、同郷指揮官ビラス・ボアスが新たに監督就任した上海上港へ加入することとなった。同クラブは、昨季ブラジル代表フッキを5500万ユーロで獲得し、今季はビラス・ボアスを招聘するだけにとどまらず、チェルシーからオスカルを6100万ユーロで引き抜いていた。

今年は無所属ながらEURO2016にポルトガル代表として出場し、母国の欧州制覇に貢献したカルバーリョは、2004年にポルトでジョゼ・モウリーニョ監督のもとCLを制した経験を持つ大ベテラン。前線の大型補強を敢行した上海上港では、ディフェンスリーダーとして活躍することが期待されている。

©FutePor -ふとぽる-