コエントラン、来季は古巣ベンフィカへ復帰?レアルでは6シーズンにわたりプレー

『O JOGO』

レアル・マドリードの元ポルトガル代表LSBファビオ・コエントランに、来季の古巣ベンフィカ復帰の噂が浮上している。

モナコへのレンタルを終え、レアルへ復帰したコエントランだが、怪我の影響もあり、今季の試合出場は4試合のみ。スペインメディア『Sport』は、来季レアルがチームの改革を実行することを予想しており、人員整理の対象に2019年まで契約を残すコエントランも含まれているようだ。そこで、出場機会を求めるコエントランに、6年間プレーしたレアルを離れ、愛する古巣への復帰の噂が浮上した。

現在29歳のコエントランは、2007年にベンフィカへ加入。2009年にジョルジ・ジェズス監督に抜擢されようやくレギュラーの座を掴み、3000万ユーロという高額な移籍金で銀河系軍団の一員となっていた。

©FutePor -ふとぽる-