バイエルン、2人目のポルトガル人獲得なるか?すでに8000万ユーロ用意の噂も

『zerozero.pt』

バイエルン・ミュンヘンが、モナコに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シウバに関心を寄せているようだ。

バイエルンは、今季限りでフィリップ・ラームとシャビ・アロンソの2人がチームから去ることが決まっているため、新戦力を探している。その目玉として、モナコでフランスリーグ首位およびCLベスト8進出に大きく貢献しているベルナルドに注目し、最大の獲得候補の1人として見なしているようだ。すでに8000万ユーロの移籍金を用意しているとの噂もある。

また「Bild」は、カルロ・アンチェロッティ監督が、元ベンフィカという共通点を持つレナト・サンチェスが、ベルナルド加入の手助けになると想定していると報じている。

ベルナルド・シウバは今季、モナコのエースとして49試合に出場し、9ゴールをマーク。この活躍ぶりから、レアル・マドリード、バルセロナ、チェルシーなども獲得を狙っていると噂されている。

今季開幕前には、クラブ初のポルトガル人としてレナト・サンチェスを獲得したバイエルン。早くも2人目のポルトガル人獲得となるか。

©FutePor -ふとぽる-