「CR7」誕生のきっかけは名将の一言。ロナウドが7番を背負うようになった理由を語る

『SAPO Desporto』

クリスティアーノ・ロナウドが、自身の代名詞となった背番号「7」を背負うようになったきっかけを語った。

「CR7」のニックネームが定着し、すっかり7番が板に付いたロナウドだが、スポルティング時代は28番を背負っていた。同選手が7番を背負うようになったのは、マンチェスター・ユナイテッド時代の恩師アレックス・ファーガソンのひと言だったようだ。

「君に7番を背負って欲しい」

ロナウドは当時を振り返り、こう語った。

「(あの言葉には)驚いたよ。偉大な選手たちがこのユニフォームを着ていたことは知っていたからね」

そして、イングランドの地で、CR7のキャリアがスタートした。ロナウドも、マンチェスター時代が自身のフットボールキャリアのスタート地点だったことを振り返った。

「僕のフットボール人生のスタートだった。テクニック面でなく、フィジカル面でも成長できた」

フットボール界を代表する7番へと成長したクリスティアーノ・ロナウド。その誕生の裏には、名将との伝説的なエピソードがあったようだ。

©FutePor -ふとぽる-