バイエルン監督がレナト・サンチェスの移籍を否定「彼は残り、もっと多くプレーする」

『SAPO Desporto』

移籍1年目のバイエルンで出場機会に苦しむポルトガル代表MFレナト・サンチェス。先日は、移籍金と同額とされる3500万ユーロ以上のオファーがあればバイエルンが移籍を許可するとの報道や、モナコやマルセイユがレンタルを狙っているとの報道がされたが、監督カルロ・アンチェロッティがこれら噂を否定した。

「彼は来年もここに残り、そしてもっと多くプレーするだろう。明確に言えることは、我々は彼に大いに期待しており、そのクオリティを信じているということ。彼のような若い選手にとって、メンタリティの異なる新たな国に来るのは簡単なことではない。我々は彼に対して我慢強くいなくてはならない。そして、クラブは忍耐できる」

バイエルンは、シャビ・アロンソの後継者としてこのレナト・サンチェスを獲得。クラブ、監督ともに、ポルトガル期待の若手が、引退するスペインのレジェンドのような偉大な選手になるよう、その成長を見守る覚悟があるようだ。

©FutePor -ふとぽる-