デコ、古巣ポルトからミラン移籍のアンドレ・シウバを「フェルナンド・トーレスを思い出す」

『maisfutebol』

元ポルトガル代表のレジェンドMFデコが、『Gazzetta dello Sport』のインタビューに対し、古巣ポルトからミランへ移籍したアンドレ・シウバについて語った。

「彼は若く、将来がある。ポルトとポルトガル代表でレギュラーを務め、ここまで重要な選手として活躍してきた。ポルトでは、ワントップもしくはセカンドトップとしてプレーしていたね。ペナルティエリアの内外で俊敏に動き回る。ミランでもその力を見せつけることができるだろう。彼はパーフェクトなFWだ」

アンドレ・シウバと似た選手を尋ねられたデコは、スペインのあの名ストライカーの名を挙げた。

「彼を見ると、少しだけフェルナンド・トーレスが思い浮かぶ。エリアの選手というだけでなく、ピッチを動き回るからね」

また、デコは、アンドレ・シウバの今季の目標については、「10ゴールだろう。イタリアの1年目では悪くない数字だね。ただ、それは難しい質問だよ。彼はゴールを決めるだけでなく、ゴールチャンスを作り出すこともできるから」と語った。

ポルトのレジェンドにフェルナンド・トーレスのような選手と評価されたアンドレ・シウバ。スペインを代表する名ストライカーのように、全てを備えたFWしてミランで活躍できるだろうか。

©FutePor -ふとぽる-