バイエルンのレナトにベンフィカ復帰の噂が浮上。レギュラーでのプレーを希望

『zerozero.pt』

バイエルン・ミュンヘンに所属するU-21ポルトガル代表MFレナト・サンチェスに、古巣ベンフィカへの復帰の噂が浮上した。

2016年に3500万ユーロの移籍金でバイエルンへ加入したレナトだったが、世界的な強豪クラブで出場機会に苦しみ、度々退団が噂されていた。『A BOLA』によると、レナト自身も、チームで重要な役割を担い、CLに出場するチームでレギュラーとしてプレーすることを望んでいるようだ。古巣ベンフィカであれば、どの条件にも合致する。

EURO2016で母国の優勝に貢献し、瞬く間に世界的名プレーヤーの仲間入りを果たしたかに見えたレナトだったが、バイエルンでの苦労からコンフェデ杯に出場したポルトガル代表からも外れるなど、市場価値は下がり気味。今季もドイツで試合に出られないようであれば、この夏に古巣復帰を決断することは十分に考えられる。

©FutePor -ふとぽる-