葡メディア、ハットのウーゴ・ビエイラを大絶賛!「プスカシュに値するゴール」

『O JOGO』

天皇杯第4回戦、横浜F・マリノス対サンフレッチェ広島の一戦が行われ、ポルトガル人FWウーゴ・ビエイラのハットトリックで、マリノスが延長戦のすえ大逆転勝利を収めた。

マリノスを敗退の危機から救ったウーゴ・ビエイラの活躍を母国メディア『O JOGO』も大絶賛。「ウーゴ・ビエイラのおかげで横浜が同点に追いついた」ことを紹介し、「120分に、リーグで12ゴールを挙げている29歳のFWは、GKからのロングパスをコーナーフラッグ付近で受け、コントロール。頭を挙げ、クロスに備えていた相手GKを見ると、トリベーラ(アウトフロントキック)でゴールに直接叩き込んだ」と、ウーゴの3点目を描写し、「プスカシュ賞に値するゴール」と、今季のベストゴールのひとつであったことを紹介した。

久々にポルトガルメディアに取り上げられる活躍をしたウーゴ・ビエイラ。この勢いのまま、マリノスの勝利に貢献していきたい。

ウーゴ・ビエイラのハットトリックを含む試合ダイジェストはこちらから。

©FutePor -ふとぽる-