トッテナムがフェネルバフチェの代表MFメイレレス獲得へ

『A BOLA』

トッテナムがラウール・メイレレスとの交渉に強い意欲を見せている。イギリスメディア『Metro』によると、すでに選手が所属するフェネルバフチェと交渉を開始。ポルトガル代表MFの保有権獲得に向かっている。

先日、フェネルバフチェがCL予選3回戦でシャフタール・ドネツクに敗れ、CL出場権を失ったことが、トッテナムの交渉を有利に進めるかもしれないとのこと。同メディアは、トッテナムが中盤の補強を最優先しており、32歳の経験豊富なMFを強く欲していることを明かしている。

もし移籍が実現すれば、メイレレスは精通するプレミアリーグへ復帰することになる。2010-11シーズン、メイレレスはポルトからリバプールへ移籍した。翌年にはチェルシーの一員としてチャンピオンズリーグ制覇に貢献している。

©FutePor -ふとぽる-