元ポルト現マンCのマンガラが、自身の「ミニ・ドリームチーム」を選定

『A BOLA』

かつてポルトに所属し、現在はマンチェスター・シティのCBを務めるエリアキン・マンガラが、自身の考える「ドリームチーム」を選定した。

クラブのサイトにて催された企画にて、フランス代表CBは、これまでのチームメイトから5名の選手をドリームチームに加えるよう促された。1名のGKと2名のDF、MFとFWをそれぞれ1名ずつの計5選手だ。

マンガラが選定した「ベスト・ファイブ」には、かつてのポルトの同僚である3選手が含まれた。GKにはエウトン、DFにはユベントスへ移籍したアレックス・サンドロ、そしてMFには、かつてのキャプテンで自身のポルトガルへの適応を助けてくれた「重要な選手」、ルチョ・ゴンザレスを選出した。

残りのDFには、現在セルティックに所属するボヤタ、FWにはマンCのエース、アグエロを選定した。

©FutePor -ふとぽる-