CL第3節ベストイレブン選出のポルト9番にバレンシアが関心

『A BOLA』

スペインメディア『Marca』によると、冬の移籍市場で補強を目指すバレンシアが、獲得候補リストの最上位に、ポルトの9番ビンセント・アブバカルを掲載しているようだ。

同メディアによると、バレンシアのポルトガル人監督ヌーノ・エスピリト・サントが、ネグレドへの信頼を失っており、その代替案としてアブバカルの獲得に興味を抱いているという。

23歳のアブバカルは、今季アトレティコへ移籍したジャクソン・マルティネスの後釜として、現在ポルトでエースストライカーを任されている。すでにリーグで4ゴールとCLで3ゴールを記録しており、世界にその名を知らしめようとしている。マッカビとのホームゲームで得点を記録したアブバカルは、CL第3節のベストイレブンにも選ばれ、アーセナルのチェフやメルテザッカー、PSGのチアゴ・シウバ、バルセロナのラキティッチ、ローマのデ・ロッシにゼニトのフッキなど、錚々たるメンバーの仲間入りを果たしている。

©FutePor -ふとぽる-