マンU監督が狙う「速く、クリエイティブなウイング」。獲得候補に2名のポルトFW

『Record』

ファン・ハール監督自らが「チームには、よりスピードがありクリエイティブなウイングが必要だ」と明言し、冬の移籍市場でのウイングの補強が濃厚とされているマンチェスター・ユナイテッド。監督の意向通りに、クラブは即戦力となるウイング探しに奔走している。

そんな中、スカウトが訪れたのは、ポルトガルはポルトのドラガオン・スタジアム。ポルト対ビトーリア・セトゥバルの一戦を視察した。

最大のお目当てはポルトのアルジェリア代表FWブライミのようだ。まさにファン・ハール監督の求める「速くクリエイティブなウイング」に合致している。CLチェルシー戦では百戦錬磨のDFイバノビッチを翻弄し、昨季より名声を高めたその評価は現在うなぎ登り。対戦したチェルシーやパリ・サンジェルマンも獲得を狙っている。しかし、同選手の違約金は6000万ユーロに設定されており、ポルトもチームのエースをそう簡単に手放すことはないだろう。交渉は容易ではない。

そんな中、さらなる補強候補として浮上したのが、バルセロナからポルトへレンタル中のテージョだ。今季限りでポルトとの契約を終え、バルセロナへの復帰を公に否定した同選手には、エバートンやリバプールも関心を示している。マンチェスター・ユナイテッドは、ブライミを大本命に、テージョを代替案として、ポルトFW陣に注視している。

©FutePor -ふとぽる-