金崎夢生の代表フル出場を所属元ポルティモネンセが絶賛「我々のMUはピッチの主役だった」

W杯アジア2次予選シンガポール戦、ワントップでスタメンフル出場を果たした金崎夢生。前回の対戦では、日本代表が圧倒的に攻め込みながらスコアレスドローに終わり、この日も得点を奪えないのではないかとの懸念があった。そんな中で、ポルティモネンセから鹿島アントラーズにレンタル中の金崎夢生が、重たい均衡を破る代表初ゴールをマーク。ヘディングの落としを胸トラップで落ち着かせ、左足を振り抜きゴール右隅に素晴らしいボレーシュートを決めた。

得点だけではなく、相手を背負った場面でのボールキープや裏への抜け出し、前線からの積極的な守備など存在感を発揮した金崎。DFラインの裏へ抜け出しキーパーと1対1になった場面や、ゴールを揺らしながらもオフサイドと判定されたシーンなど、常に追加点の匂いを感じさせた。所属先のポルティモネンセもその活躍ぶりを紹介。日本へレンタル中のプレーヤーを大絶賛した。

「金崎が日本代表の勝ち試合でゴール」との見出しをつけ、「我々の選手、MU Kanazaki は20分、この日最初のゴールを記録。ピッチで主役となる最高の活躍を見せた」と称賛した。

日本へレンタル中ながら、度々金崎夢生の情報を発信し続けているポルティモネンセの公式ページ。代表とJリーグでさらなる活躍を見せ、ポルトガルメディアをにぎわせたいところだ。

©FutePor -ふとぽる-