バルセロナも獲得を狙う18歳ディオゴ・ジョッタにベンフィカも興味。選手の対応は冷静

『zerozero.pt』

パソス・デ・フェレイラに所属するU-21ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタにベンフィカが関心を寄せている。誰もが羨むビッグクラブからの興味ではあるが、ジョッタ自身は目標の一つとしながらも、落ち着いた対応を見せた。

「推測にすぎない。ビッグクラブ入りは選手なら誰もが抱いている野望だけど、僕はそれだけを考えて生きているわけではない」

18歳の若さでパソスのエースに君臨するディオゴ・ジョッタは、先日飛び級でU-21代表に初招集された期待のFWだ。現在ブラガで監督を務める恩師パウロ・フォンセッカが「フェルナンド・トーレスのようだ」と絶賛する同選手には、バルセロナも関心を寄せている。

早熟の天才は、精神面でも落ち着いた大人の対応を見せた。今後も噂に上がるであろうビッグクラブからの関心に浮かれず、着実に成長していくことだろう。

©FutePor -ふとぽる-