ポルトガル期待の若手FWアンドレ・シウバ、ポルトの先輩ジャクソン・マルティネスを夢見る

『A BOLA』

ポルトガルの将来を担うと嘱望されるポルトFWアンドレ・シウバ。現在20歳の同選手は、現在はポルトBを主戦場としているが、近いうちにAチームを支えるエースストライカーになることが期待されている。

今季は2部リーグ所属のポルトBで11試合に出場して9ゴールを記録。U-21ポルトガル代表では2試合で4ゴールと、EURO2017を目指す代表のNo.1スコアラーに君臨している。

そんなアンドレ・シウバがインタビューに応じ、自身が理想とするかつての先輩を目標として挙げた。

「僕は怪物ロナウドが好きだった。今では好きな選手はたくさんいるけど、ジャクソン・マルティネスはその1人だ」

ポルトで3年連続リーグ得点王に輝きアトレティコ・マドリードに移籍したジャクソン・マルティネスは、アンドレ・シウバが間近で見た偉大なストライカーだ。20歳の若者は、そんなクラブの先輩の背中を追い、ポルトガル代表を担うことを夢見ている。

©FutePor -ふとぽる-