スポルティングがクリスティアーノを超える「世界で2番目に速いサッカー選手」に関心

『Record』

メキシコメディアによると、スポルティングがメキシコのティグレスに所属する同国人FWユルゲン・ダムに関心を寄せているようだ。

23歳のダムには、スポルティングの他にパリ・サンジェルマンも興味。両クラブが用意する移籍金の額は明かされていない。メキシコの強豪クラブは、若手ウイングに1000万ドル(910万ユーロ)の移籍金を要求しているが、両クラブともにその額を支払うつもりはないという。

過去にはベンフィカも獲得に迫った逸材を、スポルティングは念願のリーグ制覇に向けた重要補強として捉えているだろう。移籍を志願したためにベンチ外が続くアンドレ・カリージョや、今冬での退団が噂されるカルロス・マネーなど、ウイングの選手が冬の移籍市場を機に不足する可能性が高いためである。

ユルゲン・ダムは、『パチューカ』がFIFAの支援のもと実施した「ボールを持っている間、最も速いサッカー選手ベスト10」において、第2位に選ばれたスピードスターである。1位のガレス・ベイルに劣るのみで、5位クリスティアーノ・ロナウドや7位メッシよりも高速であることが明かされている。

以下、世界で最も速いサッカー選手ベスト10(ボール保有時)

1. ガレス・ベイル: 36.9 km/h
2. ユルゲン・ダム: 35.23 km/h
3. アントニオ・バレンシア: 35.1 km/h
4. アーロン・レノン: 33.8 km/h
5. クリスティアーノ・ロナウド: 33.6 km/h
6. テオ・ウォルコット: 32.7 km/h
7. リオネル・メッシ: 32.5 km/h
8. ウェイン・ルーニー: 31.2 km/h
9. フランク・リベリー: 30.7 km/h
10. セルヒオ・ラモス: 30.6 km/h

©FutePor -ふとぽる-