【LI3/3】スポルティングのジョルジ・ジェズス監督がモウリーニョとグアルディオラを語る「私はモウリーニョのレベルではない」

『A BOLA』

今季よりベンフィカから最大のライバルであるスポルティングへ禁断の移籍を果たしたジョルジ・ジェズス監督が、TVIのロングインタビューに応じた。今回から3回に分けて、管理人が特に興味深いと思った内容を抜粋してお届けする。

第3回目は「ポルトガル人監督」について。かつてジョルジ・ジェズス監督はポルトガル人監督こそが世界一だと自負する発言をしていたが、その代表例であるモウリーニョへの敬意を語り、自身との比較を展開した。

「私も自覚しているし、他の者も分かっていると思うが、その件については疑いを抱いていない。フットボールの世界では、チャンピオンズリーグを優勝しておらず、ポルトガルからも出ていない者に、ゼ(モウリーニョ)がポルトガル国外で勝ち取ったものを手にする力はない。(!: ジョルジ・ジェズスはポルトガル国外クラブを率いた経歴がない) 私は彼のレベルにはないのだ」

ジョルジ・ジェズスは、先日自らが思う世界一の監督像を語っていた。その絶対条件はチャンピオンズリーグを制していることである。ポルトガルのクラブで、ジョルジ・ジェズスは欧州No.1になれるのだろうか。世界で躍進するポルトガル人監督とは対照的に、欧州で結果を残せない母国クラブの可能性について言及した。

「これから数年後にポルトガルのクラブがチャンピオンズリーグの決勝に行けるとは思わない。経済力がないからだ。それでも、ポルトガル人監督は現在世界最高峰である。ただ、グアルディオラは除く。そういえば、彼はちょっとポルトガル人監督に似ているね」

グアルディオラは、ジョルジ・ジェズスが母国の英雄モウリーニョを差し置き、世界最高であると語る。そういえば、彼がベンフィカ時代に完敗したビラス・ボアスもグアルディオラの崇拝者であり、彼と同じく物静かな戦術家であった。ピッチサイドで激昂するモウリーニョと同様、ジョルジ・ジェズスもメディアを賑わす言動で有名だ。自身と似通う母国監督よりも、自らの正反対の特徴を持つスペイン人監督にシンパシーを感じているようだ。

以上、3回にわたってジョルジ・ジェズスのロングインタビューの抜粋を掲載した。ポルトガルNo.1監督の思想や個性が存分に表れた

©FutePor -ふとぽる-