FCポルトが2015年の10大ニュースを選定。フットボール部門からは4トピックス

『FC PORTO』

サッカー以外のスポーツにおいても実力を発揮しているFCポルトが、2015年に起きた10大ニュースをクラブの公式ホームページで選定した。ハンドボールや水泳、バスケットボールなど他部門からもランクインする中で、フットボール部門からは4つのトピックスが選ばれた。

ハンドボールチームの7連覇と17連勝、水泳女子チームの8連覇など重大トピックスが名を連ねる中、フットボール部門からはトップチームの3項目とBチームの1項目が選出された。

1つ目が、2014-15シーズン4月に行われたCLベスト8バイエルン・ミュンヘン戦での歴史的勝利である。約5万人の大観衆が見守る中、ポルトはホームでドイツ王者相手に3-1と快勝した。リカルド・クアレスマの2ゴールとジャクソン・マルティネスのダメ押し弾により前評判を翻し、バイエルン相手に第1戦を先取したのだ。

2つ目が、イケル・カシージャスの獲得である。7月12日、ポルトがレアル・マドリードの生ける伝説カシージャスと契約することを正式発表すると、全世界のメディアがその衝撃を伝えた。W杯王者がポルトの一員となるのは史上初。12の背番号が付けられたユニフォームは、品切れ状態が続いた。

3つ目が、ベンフィカとのクラシコでの劇的勝利である。9月20日に行われたベンフィカ戦。試合はスコアレスドローのまま終盤に差し掛かり、そのまま引き分けに終わることも予想されていた。しかし、86分にアンドレ・アンドレが劇的な決勝ゴールをマーク。前年に負け越したベンフィカを1-0で完封した。

4つ目がBチームのクラシコでの戦績である。2015-16シーズン、好調を維持しているポルトのBチームが、3強対決で大勝劇を演じたのだ。スポルティングBには4-0、そしてベンフィカBには3-0で大勝し、ライバルを圧倒した。

2015年のポルトを彩った4つのトピックス。2016年もこれらの大ニュースを超える衝撃が起こることを期待しよう。

©FutePor -ふとぽる-