期待の若手FWマネーとジョッタにフランスの強豪2クラブが関心

『zerozero.pt』

スポルティングの若手ポルトガル人FWカルロス・マネーと、パソスのU-21ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタにフランスの強豪チームが関心を寄せている。

元U-21代表メンバーのカルロス・マネーには、マルセイユが興味。今季ジョルジ・ジェズス監督が就任してからは、怪我の影響もあり出場機会をあまり得られていない。マルセイユは、21歳の若手ポルトガル人FWを、トゥールーズ所属のベン・イェデル獲得に失敗した際のプランBとして注目しているようだ。

現U-21ポルトガル代表FWのディオゴ・ジョッタには、モナコが関心を寄せている。同郷監督レオナルド・ジャルディンが指揮を執るモナコは、冬の移籍市場でパソスの若きエースの獲得を狙っているようだ。他にも、早熟の天才FWに対し、バルセロナやベンフィカも興味を抱いているため、激しい争奪戦が予想される。

©FutePor -ふとぽる-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です