マンUが今季大ブレイク中のベンフィカ18歳MFにスカウトを派遣。今季末まで継続視察へ

『A BOLA』

マンチェスター・ユナイテッドが、ベンフィカMFレナト・サンチェスに関心を寄せている。水曜日には、ルス・スタジアムで行われたベンフィカ対マリティモ(試合はベンフィカが6-0で大勝)にスカウトを派遣し、現地でそのプレーを視察したようだ。

18歳のレナト・サンチェスは、この日もスタメン出場。5-0となった69分までプレーした。ユナイテッドのスカウトは、レナトの安定的なパフォーマンスに好意を持ち、今季末まで継続的に視察へ足を運ぶ意向だという。

レナトは今季ルイ・ビトーリア新監督が敢行した若手の大抜擢によって頭角を現したうちの1人である。10月30日のトンデーラ戦でトップチームデビューを果たして以降、全試合に出場している。ポルトガルリーグや国内カップはもちろん、CLでも好プレーを見せ、対戦相手であったアトレティコ・マドリードのシメオネ監督を唸らせていた。

マンチェスター・ユナイテッドは、レナトと同じくベンフィカの若手FWゴンサロ・グエデスにも関心を寄せている。前者はその風貌からも、かつてポルトで大ブレイクしてユナイテッドに加わったアンデルソンのような力強いプレーを特徴としており、後者には「新たなロナウド」として注目を寄せている。かつてクラブを支えたポルトガルリーグ出身の2選手の後継者として、ベンフィカから2名の若手選手を引き抜くのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-