現ポルトガルリーグNo.1FWにクリスタルパレスが3000万ユーロを用意か

『zerozero.pt』

クリスタルパレスが、スポルティングのアルジェリア代表FWイスラム・スリマニに、3000万ユーロの移籍金を提示する可能性が浮上している。この金額はスリマニに設定されている違約金の満額であり、大金を支払ってでも確実にスリマニを獲得したい本気度が伺える。

クリスタルパレスは、シーズン開幕前からスリマニ獲得への歩みを急速に進めていた。今季のプレシーズンには、1500万ユーロの移籍金を提示したが、スポルティングに拒否されていた。今回は2倍の金額がオファーされることもあり、両クラブの交渉は前回よりも進展する可能性がある。

スポルティングでの3年目を迎えるスリマニ。今季は自身最高のシーズンを送っている。2位ベンフィカに勝ち点差4と首位を快走するスポルティングのエースに君臨し、リーグ戦では得点ランク2位となる12ゴールを挙げている。ELを含めた全公式戦では26試合で16ゴールを記録。まだシーズンは半分しか経過していないが、すでにこれまでの各シーズンにおける通算得点数を超えている。

速さ、強さ、高さ、決定力と、ワントップに必要なすべての要素を兼ね備えた理想のFWに成長したスリマニ。おそらく現在のポルトガルリーグでこれほど完成されたワントップはいないだろう。クリスタルパレスでは物足りない気もするが、毎年移籍が噂される点取り屋が、いよいよ海を渡るのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-