プレミアから大人気、スポルティングのエースFWスリマニへついにあのメガクラブが興味

『SAPO Desporto』

スポルティングのエースFWアルジェリア代表イスラム・スリマニに、マンチェスター・ユナイテッドが関心を示している。

得点力不足に悩むユナイテッドは、現在ポルトガルリーグで2位となる13ゴールを決め、キャリア最高の時期を過ごしているスリマニを、冬の移籍市場で獲得することを目指している。『The Sun』によると、ユナイテッドはここ2ヶ月ほどスリマニを視察し、他にも同選手に関心を示すプレミアのライバルクラブとの競争を制したい意向であるという。スリマニには、レスターやウェストハム、クリスタル・パレスやトッテナムなどが興味を示している。

スリマニは昨夏にスポルティングとの契約を2020年まで延長したばかり。しかし、違約金は3000万ユーロと比較的低価格である。また、市場価格は約1600万ユーロと見積もられているようで、マンチェスター・ユナイテッドほどのクラブであれば、そこまで高い買い物にはならないだろう。

©FutePor -ふとぽる-