Recordも金崎夢生のポルティモネンセ復帰を報道。日本へ復帰した理由も記載

『Record』

木曜日、鹿島アントラーズへレンタル移籍中であった金崎夢生が、所属先のポルトガル2部ポルティモネンセへ復帰することが、クラブの公式ページにて正式に発表された。昨年末にポルティモネンセの公式ページが明かした金崎の復帰が、選手のポルトガル帰国とディレクターらによる記者会見という形で正式に決定することになった。

26歳の金崎は、2013-14シーズンにドイツのニュルンベルクからポルティモネンセへレンタル移籍。翌2014-15シーズンからは完全移籍を果たし、チームのエースナンバー「10」番を背負った。

ポルトガルの最大手メディア『Record』も金崎のポルトガル帰国を報道。2015-16シーズンからは鹿島アントラーズへレンタル移籍し、ナビスコ杯優勝に貢献。Jリーグのベストイレブンに選出されていたことを取り上げた。さらに、金崎が昨季日本へ復帰したことについて、「家族の問題を理由に、2015年1月に日本への復帰をクラブへ要請した」と、Jリーグへの復帰理由を報道した。

ポルティモネンセは現在2部リーグで6位につけ、昇格圏とは勝ち点差3と射程圏内に位置している。鹿島や日本代表での試合経験でさらに強力になったエースFWを切り札に、1部昇格へ挑む。

©FutePor -ふとぽる-