対スポルティング戦に向け、ポルティモネンセの亀倉龍希「引き分けや負けは考えていない」

『A BOLA』

19日に行われるリーグ杯フェーズ3の第2戦、ポルティモネンセ対スポルティングの一戦に向け、ポルティモネンセが招集メンバーの発表と記者会見を実施した。鹿島アントラーズよりレンタルバックを果たした金崎夢生が復帰後初招集となり、注目が集まる中、ポルティモネンセもう1人の日本人選手、亀倉龍希もメンバー入りを果たした。

決戦に先駆け、ジョゼ・アウグスト監督と複数選手が記者会見に出席した。そしてポルティモネンセの日本人2選手、金崎夢生と亀倉龍希もインタビューに応じた。

ブラジル人の父を持つ亀倉は、ポルトガル語で対応。日本人対決となる可能性もあるスポルティングの田中順也については「日本にいる時に彼のプレーを見ていたし、昨季はスポルティングでの彼を見ていた。クオリティのある選手で、チームに違いをもたらせる」と絶賛した。また、1部で首位に立つスポルティングについては、「スポルティングは現在ポルトガルで最強のチーム」であると、警戒をあらわにした。しかし、強豪相手にひるむ気配はなく、「試合に勝つために臨む。引き分けや負けは考えていない。僕らのクオリティを見せつけるまたとない機会だ」と自信を垣間見せた。

決戦は19日、現地時間19時45分より行われる。

©FutePor -ふとぽる-