亀倉&田中が出場も共演はせず。ポルティモネンセがスポルティングに大金星!

19日、ポルトガルリーグカップフェーズ3の第2節ポルティモネンセ対スポルティングの一戦が行われ、ポルトガルリーグ2部に所属するポルティモネンセが、1部首位のスポルティングに2-0の大金星を挙げた。

注目された日本人対決は実現せず。鹿島アントラーズから復帰直後、前日会見で出場の可否は「監督が決めること」と話した金崎夢生は、残念ながらベンチ入りしなかった。ポルティモネンセのスタメンには、9番亀倉龍希が名を連ね、54分までプレー。ベンチスタートとなったスポルティングの田中順也は、その後84分より途中出場を果たした。両日本人選手が出場しながら、同時にピッチに立つことはなく、日本人対決は実現しなかった。試合はポルティモネンセのエウェルトンが2ゴールを挙げ、グループCの首位に立った。グループ唯一の2部チームながら、突破に王手をかけたのだった。

残念ながら、注目の日本人対決はお預けとなったが、ポルティモネンセが今季リーグで1部に昇格し、再びスポルティングと対戦する機会を待ちたい。

©FutePor -ふとぽる-