波乱のリーグ杯。金崎&亀倉所属ポルティモネンセの準決勝の相手はマリティモに決定!勝てる見込みは…?

水曜日、ポルトガルリーグカップフェーズ3の全日程が終了した。グループBの首位ベンフィカと、グループCの首位ポルティモネンセに続き、グループAはマリティモが、グループDはブラガがそれぞれグループステージ突破を決めた。

フェーズ3は波乱だらけの展開で幕を閉じた。グループCで突破が有力とされたスポルティングが、2部のポルティモネンセに負け、敗退。そのポルティモネンセは、1部チーム相手に3連勝を達成し、準決勝に進出した。グループAの勝ち抜きが予想されたポルトは、2部クラブが2チーム属したグループで3連敗を喫し、勝ち点を積み上げることなく敗れ去った。

そんな波乱だらけのリーグカップは、いよいよ最終トーナメントへ。準決勝の組み合わせは、マリティモ対ポルティモネンセ、そしてベンフィカ対ブラガに決まった。

金崎夢生と亀倉龍希の両日本人選手が所属するマリティモは、かつてSB相馬崇人がプレーし、現在はBチームに東城翔也が所属する日本人に馴染み深いクラブである。現在リーグでは13位に沈み、イボ・ビエイラからネロ・ビンガーダへと監督交代が行われたばかりと、チーム状況は良くない。片方の試合がベンフィカ対ブラガというポルトガルを代表する強豪対決となったことに比べれば、ポルティモネンセは比較的容易な組み合わせに恵まれたと言える。

フェーズ3では、リーグ首位のスポルティング、5位のパソス、9位のアロウカを次々と倒したポルティモネンセ。リーグ13位のマリティモ相手にも快進撃を続けることを期待したい。

©FutePor -ふとぽる-