15-16冬の移籍市場。ポルトガルリーグで締結した8つの駆け込みビッグディール

2015-16シーズン、ヨーロッパ主要リーグにおける冬の移籍市場が閉幕した。グアルディオラ監督のマンチェスター・シティ行きなどビッグディールが生まれたが、ポルトガルリーグでも8つの特筆すべき交渉が締結した。以下にご紹介する。

1.エルナン・バルコス
(天津泰達→スポルティング)
31歳のアルゼンチン人FWは、スポルティングと1年半+2年の延長オプションの契約を締結。違約金は6000万ユーロ。

2.フレディ・モンテーロ
(スポルティング→天津泰達)
スポルティングの10番は、バルコスと入れ替わる形で中国へ。移籍金は約500万ユーロ。

3.田中順也
(スポルティング→柏レイソル)
度々報じられた田中順也のスポルティング退団が最終日に成立。2017年7月までのレンタルという形で古巣レイソルに復帰。

4.ビトール・アンドラーデ
(ベンフィカ→ギマラインス)
ルイ・ビトーリア監督のもと出場機会を増やしていた20歳の若手FWが、監督の古巣へ今季末までレンタル。

5.ルカ・ジョビッチ
(レッドスター→ベンフィカ)
イバン・サポニッチに続き、ベンフィカがセルビア市場から期待の若手FWを獲得。「セルビアのファルカオ」ことジョビッチとの契約を成立させた。

6.インビュラ
(ポルト→ストーク)
今夏クラブ史上最高額と言われる約2000万ユーロの移籍金でマルセイユから加入も、僅か半年で退団。ストークへ420万ユーロを上乗せした2420万ユーロの大金をポルトへ残し、5年半の契約でプレミアへ。

7.エウデル・ポスティガ
(アトレティコ・デ・コルカタ→リオ・アベ)
元ポルトガル代表のスター選手が、インドから母国へ復帰。先日レンタルで放出された弟ジョゼ・ポスティガと入れ替わる形でリオ・アベに。EURO2016への出場を望んでの帰国とのこと。

8.アベル・アギラール
(トゥールーズ→ベレネンセス)
コロンビアの代表格がポルトガル下位チームへ電撃移籍。今季末までの契約を結び、ベレネンセスの上位躍進に貢献する。

©FutePor -ふとぽる-