金崎夢生フル出場もポルティモネンセの快進撃はここまで。マリティモに敗れ準決勝敗退

ポルトガルリーグカップの準決勝、マリティモ対ポルティモネンセの試合が行われ、マリティモが3-1で勝利し、決勝へ駒を進めた。ポルティモネンセの金崎夢生と亀倉龍希はともに先発出場。金崎はフル出場を果たし、亀倉は80分までプレーした。

2部リーグ所属ポルティモネンセの快進撃はここで幕を閉じた。グループステージのフェーズ3では、スポルティングを始め1部クラブ相手に3連勝を果たし、2部クラブでは唯一の準決勝進出。この日も、前半4分にピレスが先制点を挙げ勝利が期待されたが、17分と31分に立て続けに失点。前半のうちに逆転され、94分にはダメ押し弾をくらい、3-1で敗退した。金崎と亀倉も積極的にシュートを打つも、相手の好守に阻まれ、チームを勝利に導くことはできなかった。

マリティモはこの勝利により決勝へ進出。ファイナルでは、ベンフィカ対ブラガ戦の勝者と対戦する。

©FutePor -ふとぽる-