世界の500人に17名のポルトガル人選手が選出!

『A BOLA』

『World Soccer』が、世界のフットボールシーンを彩る500名のサッカー選手を選出し、ポルトガル人選手から17名が選ばれた。

リストの冒頭を飾ったのは、もちろんクリスティアーノ・ロナウド。レアルの同僚ペペも選出された。その他海外組からは、モナコのベルナルド・シウバとジョアン・モウティーニョ。バレンシアのアンドレ・ゴメスが名を連ねた。

コエントランやナニなど有力選手は選ばれず。残りの12名はポルトガルリーグから選出された。スポルティングからは、ウィリアン・カルバーリョジョアン・マリオルイ・パトリシオアドリエン・シウバ、パウロ・オリベイラ。ポルトからは、ルーベン・ネーベスアンドレ・アンドレダニーロ・ペレイラ。ベンフィカからは、レナト・サンチェスゴンサロ・グエデス。3強以外からは、ブラガのラファ・シウバとパソスのディオゴ・ジョッタが選ばれた。ポルトガル代表として国内で活躍する選手や、世界中から注目を浴びる若手選手が中心となっている。

ちなみに、ポルトガル人以外にもポルトガルリーグから数名の選手が選出された。ベンフィカからは、ニコ・ガイタンジョナス、ルカ・ジョビッチ。ポルトからは、アブバカル、ブライミ、エクトル・エレーラ、ミゲル・ラユン。スポルティングからは、スリマニのみが外国人選手としてポルトガルリーグからリスト入りを果たした。

©FutePor -ふとぽる-