ポルトがイタリアで活躍する母国U-21代表キャプテンの「逆輸入」を狙う

『A BOLA』

ポルトがウディネーゼに所属するブルーノ・フェルナンデスに興味を寄せている。

U-21ポルトガル代表ではキャプテンを務め、ウディネーゼでもレギュラーとしてプレーするブルーノ。ミランが「ルイ・コスタの再来」として注目する逸材である。『Record』によると、ポルトは数試合に渡り同選手を視察。ポジティブな印象を抱いているという。

イタリアで活躍する期待の若手ポルトガル人選手。ポルトによる「逆輸入」は成立するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-