マンU、来季の新布陣に向け、スポルティングのポルトガル代表若手MF獲得に挑む

『A BOLA』

マンチェスター・ユナイテッドが、スポルティングに所属するポルトガル代表MFジョアン・マリオに関心を寄せている。

ユナイテッドの同選手への興味は度々報じられてきたが、『A BOLA』によると、ユナイテッドは先日のスポルティング対ポルトの「クラシコ」にスカウトを派遣。今季末のオファー提示へ踏み切る意向だという。

23歳のジョアン・マリオは、今夏にスポルティングとの契約を2020年まで延長したばかり。違約金は6000万ユーロと高額に設定されている。しかし、スポルティング会長ブルーノ・デ・カルバーリョ氏は、半額である3000万ユーロ以上のオファーであれば、交渉に臨むと推測されている。ただ、同選手の最近の活躍ぶりからも、会長がこの額を引き上げる可能性も否めない。

ポルトガル代表のホープを巡っては、アトレティコやリバプールも関心を寄せているため、ユナイテッドとしては獲得に漕ぎ付けるのは容易ではないだろう。

©FutePor -ふとぽる-