ブラジルW杯正GKの代わりを務めたベンフィカの若手GKが、ブラジル代表に「昇格」!

『Jornal de Notícias』

リオ五輪に臨むU-23ブラジル代表で正GKを務めるエデルソン・モラエスが、コパ・アメリカに挑むフル代表に「昇格」した。

22歳のエデルソンは、今季からベンフィカのトップチームに定着した期待の若手GK。2014年に母国で正GKを務めた先輩ジュリオ・セーザルの負傷離脱を機に、今季途中よりベンフィカのゴールマウスを守っている。特に、ベンフィカが敵地で1-0の勝利を手にしたスポルティングとの「リスボン・ダービー」で優れたパフォーマンスを発揮して以来、フル代表入りが注目されていた。

同じくベンフィカに所属するFWジョナスが選外となったことで、ポルトガルリーグからは唯一ブラジル代表に選ばれたエデルソン。ベンフィカでの勢いそのままに、フル代表に定着することはできるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-