PSGがジョアン・マリオに3500万ユーロのオファーを提示か

『A BOLA』

フランスメディアによると、パリ・サンジェルマンがスポルティングのポルトガル代表MFジョアン・マリオに、3500万ユーロのオファーを提示するようだ。

『France Football』によれば、パリ・サンジェルマンはジョアン・マリオへ強い関心を抱いているという。7ゴール11アシストと優れたシーズンを送った同選手を、来季の戦力として迎えたい意向だ。

ただし、欧州屈指の金満クラブといえど、同選手に課せられる高額な違約金はネックとなるだろう。23歳のジョアン・マリオは、スポルティングと2020年までの契約を保持し、違約金は6000万ユーロに設定されている。先日、クラブ会長ブルーノ・デ・カルバーリョが、同選手の放出は違約金を満たすオファーが提示された場合のみであることを明言していた。

すでにマンチェスター・ユナイテッドが、5700万ユーロのオファーを拒否されたという報道もあるが、果たしてパリ・サンジェルマンはポルトガル代表のホープを確保することができるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-