コンテ率いる新生チェルシーがジョアン・マリオに興味もマンUが一歩リードか

『A BOLA』

マンチェスター・ユナイテッドからの関心が伝えられていたスポルティングのポルトガル代表MFジョアン・マリオに、チェルシーも興味を抱いていることが分かった。

来季より監督を務めるアントニオ・コンテが、優秀な若手選手の獲得を模索しており、ジョアン・マリオはそのリストの上位に名を連ねているようだ。

しかし、獲得競争はユナイテッドが一歩リードしている。同選手の違約金は6000万ユーロに設定されているが、ユナイテッドは魅力的なサラリーも含め、大金を支払う準備ができているようだ。そのため、移籍の動向は選手自身の手に委ねられるところが多そうである。

©FutePor -ふとぽる-