ナポリ移籍基本合意と噂のポルトMF、残すは300万ユーロの「微差」のみ

『A BOLA』

イタリアメディアが、引き続きポルトのメキシコ代表MFエクトル・エレーラのナポリ行きを報道している。

今週の始めに、ポルトがエレーラの移籍に関してナポリと合意に達したとの報道がされていたが、『RAI』が新たな情報を捉えたようだ。

同メディアによると、ポルトとナポリが望む移籍金の差は「わずか」300万ユーロ。ポルトは2000万ユーロを要求し、ナポリは1500万ユーロ+200万ユーロのボーナスを提示したという。

残りの300万ユーロの微差が埋まれば、エレーラのナポリ移籍正式発表は近いのかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-