バルサ、ポルトガル代表の3選手を視察

『A BOLA』

バルセロナのロベルト・フェルナンデス氏が、水曜日に行われたポルトガル対エストニア戦を視察するため、ルス・スタジアムへ足を運んだようだ。

『Mundo Deportivo』によると、バルセロナが視察したのはポルトガル代表の3選手。バレンシアMFアンドレ・ゴメス、サウサンプトンのSBセドリック・ソアレス、そしてロリアンのSBラファエル・ゲヘイロについて情報を集めたという。

アンドレ・ゴメスは、クラブの古株デコが「シャビの後継者」として推薦する期待の若手選手であり、セドリックに関してもかつて同クラブからの関心が噂になっていた。ゲヘイロはアーセナルが獲得を狙う選手であり、争奪戦が予想される。

バルセロナは来季の獲得リストに、この3選手の名を掲載しているという。果たして、ポルトガルを代表する期待の若手・中堅選手の最強軍団行きは実現するのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-