EURO2016決勝進出で大注目のポルトガル代表10番にインテルがオファーを用意。メガクラブによる争奪戦も

『A BOLA』

スポルティングのポルトガル代表MFジョアン・マリオに、インテルが2000万ユーロのオファーを準備しているようだ。イタリアメディアが報じた。

『Corriere dello Sport』によると、インテルを率いるロベルト・マンシーニ監督が、ポルトガル代表で10番を背負う、この23歳の若手MFを高く評価しているようだ。インテルの同選手への関心は昨季から伝えられていたが、決勝進出を決めたEURO2016での活躍ぶりからも、注目度を高めた可能性は高いだろう。

しかし、インテルが同選手を獲得するには、2つの障害が存在する。第一に、ジョアン・マリオにつけられた高額の違約金である。スポルティングはチームの中心選手である同選手に6000万の違約金を設定している。第二に、インテルにとっては熾烈な獲得競争が予想されることである。ポルトガルの未来を背負って立つであろうジョアン・マリオには、インテルの他に、パリ・サンジェルマンやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、ユベントスやアトレティコ・マドリードなど錚々たるメガクラブが関心を寄せている。CLへの出場権がないインテルは、これらクラブと獲得競争になった場合にはどうも分が悪い。

大ブレイク中のレナト・サンチェスとともに、今季のリーグ戦およびEUROでの活躍ぶりからすっかり株を上げたジョアン・マリオ。「ポルトガルのスーパーマリオ」が次なるシンデレラストーリーを描くクラブはどこになるのだろうか。

©FutePor -ふとぽる-