優勝の要因は若手とベテランの融合?ポルトガル代表2選手が、最年長・最年少優勝記録を同時に更新!

『O JOGO』

EURO2016を優勝し、見事ヨーロッパ王者にその名を刻んだポルトガル代表。初のタイトルを獲得した裏で、興味深い2つの記録を同時に更新していた。

ポルトガル代表の2選手が、この日の優勝によって、EUROを勝ち取った「最年長記録」と「最年少記録」を同時に更新した。

「最年長」のヨーロッパ王者になったのは、リカルド・カルバーリョ。決勝の舞台に立つことはなかったものの、ベテランCBが歴代最高齢の欧州王者となった。

同時に、この日「最年少」のヨーロッパ王者になったのは、バイエルンのレナト・サンチェス。ポルトガル人最年少ゴールなどの記録も更新していた注目の18歳は、決勝の舞台でも堂々とプレーし、見事最年少欧州王者に輝いた。

ポルトガル代表優勝の鍵は、この若手とベテランが高度に融合したチーム構成だったのかもしれない。

©FutePor -ふとぽる-