クアレスマ、EURO決勝で披露の「芸術的な」ヘアスタイルに込められた想いを明かす

『maisfutebol』

EURO2016決勝でフランスを破り初優勝を決めたポルトガル。試合前からメディアの注目を集めていたのは、リカルド・クアレスマが披露したヘアスタイルだった。

左こめかみから後頭部にかけて生えた巨大な黄金の羽。フェルナンド・サントス監督も「芸術作品だ」と苦笑いしつつそのセンスを認めたほどだ。一体なぜこのような髪型にしたのだろうか。クアレスマは自身のTwitter上にて疑問に回答した。

「オレの羽ばたきたい想い、チャンピオンになりたい願望、ディフェンスの上を飛び越え、試合を決めるという願いを意味しているのさ」

芸術的なヘアスタイルに込めた想いの通り、無事にチャンピオンへと「羽ばたいた」クアレスマであった。

©FutePor -ふとぽる-