ジョルジ・ジェズス、リバプール所属ベンフィカ時代の教え子を狙う

『zerozero.pt』

スポルティング監督ジョルジ・ジェズスが、ベンフィカ時代に率いたセルビア人FWラザール・マルコビッチの獲得を狙っている。

『Record』によると、同監督はかつての教え子の獲得をクラブに要求。すでに交渉が始められたとの報道もある。また、昨季行われたCLベンフィカ対バイエルン戦の際に両者は顔を合わせ会談。マルコビッチが、スポルティング行きを決意したとも報じられている。

昨季はリバプールからフェネルバフチェへレンタルされたマルコビッチは、21試合で2ゴールを記録していた。今季はクロップ監督のもとリバプールでプレシーズンに勤しんでいる。

©FutePor -ふとぽる-