落胆のジョアン・マリオ。インテルの3500万ユーロのオファーをスポルティングが拒否

『A BOLA』

ジョアン・マリオのイタリア移籍はまだ実現しないようだ。同選手が所属するスポルティングが、インテルによるオファーを拒否したと『Sky Sports Itália』が報じた。

欧州王者ポルトガルで10番を務めるジョアン・マリオは、インテル移籍に前向き。同クラブは3500万ユーロのオファーを提示したが、違約金を6000万ユーロに設定しているスポルティング側に断られたようだ。

なお、インテルは資本傘下にある中国リーグの江蘇蘇寧の支援のもとジョアン・マリオへのオファー資金を確保した。この事実、および、それでもなお移籍が決まらないことに対して、選手自身は不満を感じているという。

欧州王者の10番ジョアン・マリオは、今季の移籍市場の人気銘柄となっている。インテルとしては、他クラブが獲得に漕ぎ着ける前に何とか交渉締結に至りたいことだろう。

©FutePor -ふとぽる-