ユベントスやアトレティコが関心のアレックス・サンドロの移籍が一転。ポルトと契約延長へ

『zerozero.pt』

所属するポルトとの契約が残り1年となったブラジル人LSBのアレックス・サンドロ。これまでユベントスやアトレティコなど強豪クラブへの移籍が噂されていたが、一転してポルトと契約を延長する可能性が高まったようだ。

ポルトガルメディア『O JOGO』によると、現在ドイツにて第2次キャンプを行っているチームがポルトに戻り次第、ブラジル人LSBがクラブとの契約延長にサインするようだ。

ポルトと1年間の契約延長を果たしたジャクソン・マルティネスと良く似た新契約になりそうだ。昨季、ポルトの強い要請を受けて残留したジャクソンは、1年間クラブに残る代わりに、翌シーズンには金銭面での障害がないようクラブと特別条項を取り付けた。そして実際に、来季より3500万ユーロに減額された違約金にてアトレティコへの移籍が実現したのである。アレックス・サンドロも同様の条項のもとポルトと契約を延長し、来夏の移籍を前提として、今季はチームに残留する可能性が高いようだ。

©FutePor -ふとぽる-